資金ショート回避のために:すぐにキャッシュが必要な場合

 

あなたの会社が資金繰りに困窮し資金ショート寸前。
今すぐに現金が必要だという様な場合も、ファクタリングの利用検討は効果的といえます。

銀行や金融機関の審査は時間と手間がかかる為、すぐの対応は期待できません。
またノンバンク(消費者金融)からの借入は、可能かもしれませんが金利が高い場合も多く、返済できなかった場合のリスクも高いと言えますし、さらにノンバンク(消費者金融)からの借入は、印象が悪いので出来れば避けたいと考える経営者も多くいます。

参照サイト:資金ショート寸前!倒産を防ぐための資金調達方法

ファクタリング会社は銀行とは異なった基準で審査をされますので、スムーズは対応が可能になります。
繰り返しになりますが、買い取ってもらう売掛債権が信用出来るものであれば、即日での現金化も可能といえます。

売掛金(債権)の信頼性とは?

売掛金(債権)が信頼できるものであれば即日の現金化も可能ですが、この売上債権の信頼性とはどのようなことを言うのでしょうか?これは売掛先の会社の信頼性、そしてこれまでのあなたの会社と売掛先の会社との取引実績のことを指します。
たとえば買い取ってもらいたい売掛債権があったとして、その売掛先の会社の規模や経営状態が審査対象になることを意味します。

・売掛先の会社とのこれまでの取引実績はどうでしょうか?
・もうかなりの年数に渡って取引してきたでしょうか?
・それとも初めての取引の会社でしょうか?
・また取引の期間中、確実に売掛金を期日までに入金してきているでしょうか?
・取引の期間中に入金遅れがあった、回収できなかったと言う様な事は無かったでしょうか?
こういったすべてが売掛金(債権)の信頼性に関係してきます。

・長年の取引実績のある会社
・これまで売掛金を確実に支払ってきた

こういった基準が満たされているならば、すぐに現金化が必要な場合でも対応が可能と言えますよ。

資金ショート回避のために:ファクタリングに向くのはどんな会社

借りない資金調達であるファクタリングには、ご利用にあたって向く会社と、そうでない会社があります。
ファクタリングでの現金の調達に向いている会社とはどういうことなのでしょうか?

銀行からの融資を断られた
あなたの会社は資金繰りが困窮し資金ショート寸前の状況です。
この状況で、銀行などの金融機関からの融資や借入が受けられない。審査に通らないと言われているならば、ファクタリングの利用検討に非常に向いていると思います。

銀行が融資を断ったということは、何かしらの原因により、あなたの会社は信用に値しないという、烙印を押されたことを意味します。
それは会社の経営状態かもしれません。業界全体が低迷傾向にあるのかもしれません。また、赤字決算を出しているとか、税金の滞納があるのかもしれません。貸付にあたり、担保や保証人が不足しているのかもしれません。

銀行との関係は、この先、何年・何十年と長い期間での返済となります、長期間のお付き合いでは、長期的な信用関係が最も重要な判断材料となります。
あなたの会社は、長期的な信用を重要視する銀行の審査基準に引っかかってしまったということになります。

では、ファクタリング会社はどうでしょうか?
銀行やその他の金融機関とは異なり、ファクタリングとは長期に渡っての返済とは無縁のサービスです。
ファクタリング会社が審査のポイントとして重視するのは、あなたの会社の信用では無く、実際に買い取る売掛金(債権)が信用できるものか?否か?ということです。

銀行やその他の金融機関からの融資を断られたと言う場合でも、審査基準の異なるファクタリングのご利用は十分に可能とおもわれます。
銀行などの金融機関からの融資や借入が断られた場合は、ファクタリングのご利用を検討してみてください。
———-

資金ショート回避のために:ファクタリングのメリット

 

審査が優しくスムーズ
銀行や金融機関からの融資や借入の場合は、多くの資料作成・提出のうえ、あなたの会社の経営状態が細かくチェックされます。
審査に多くの時間がかかることも多く、正直スピード感に欠けます。
赤字決算ではないか、税金の滞納がないか等も確認され、該当項目があれば、ほとんどの場合審査が通りません。
資金ショート寸前の場合、あまり現実的は手段ではありません。

しかしファクタリングの場合は、先と比較して審査が優しくスムーズと言えます。契約後の即日入金を行うファクタリング会社も多くありますので、資金ショート寸前ですぐにでも現金が必要だという場合はとても便利です。

なぜファクタリングは審査が優しいのか?
銀行や金融機関からの融資等の場合と比べてみると非常に分かりやすいのですが、銀行の融資の場合は、借り入れたお金をこれから数年あるいは十数年といった長期間に渡って返済していきます。ですから、あなたの会社の経営状態、業界としての行く末など、長期的な評価をもとに今後の返済が可能かどうかを厳しく審査されることになります。
銀行は長いお付き合いだからこそ、審査の基準が厳しくなります。

一方ファクタリング会社の場合は、長期的ではなく2か月先などに入金される売掛金を債権として買い取るサービスですので、長期に渡って返済するという概念がありませんので、ファクタリング会社からすると、2か月先にはお金が入ってきます。ごく限られた短い期間のお付き合いということになります。
ですので、今のあなたの会社の経営状態や、赤字決算の有無、税金滞納の有無などに関しては、審査基準の中でも大きく考えていないのが事実です。
審査の基準はファクタリング会社が買い取る、売掛債権の信頼性を最重要に考えています。
買い取る、売掛債権が確実に回収できるのか?否か?をポイントに審査を行います。

ファクタリング会社は、超短期的なだから、審査がスムーズ

資金ショート回避のために:ファクタリングという資金調達法

 

銀行や金融機関からの借入や、ノンバンクからのつなぎ融資以外の有効な資金調達の方法として近年注目されているのが、ファクタリングという方法です。ファクタリングという言葉を聞かれたことはありますか?

ファクタリングとは、借りない資金調達の方法として資金ショート寸前にまで追い込まれた場合に、非常に有効な手段と言えます。簡単に言うと取引先から支払ってもらう予定の売掛金(債権)を、買取って現金化してくれるサービスのことなのです。

ファクタリングとは売掛金を買い取ってくれるサービス

企業間取引は基本的に現金払いではなく、掛け売りで行われていることが多いですよね。商品やサービスは納品しているけれど、支払い期日までに時間がある場合に、この売掛金を債権として買い取ってくれ、正規の期日までに現金として立て替えてくれるサービスのことを、ファクタリングと言います。

たとえばあなたの会社に、2か月後に入金される予定の売掛金があったとします。2か月後には確実に現金が手元に入って来るのですが、目先に迫った支払いをする現金が手元にない、資金ショート寸前だと。では、その2か月後に入ってくる予定の売掛金を先に前借りできるとしたら、資金繰りが大幅に改善されると思いませんか?

それがファクタリングという資金繰りを良くする方法なのです。入金が確実な売掛金を債権として買い取ってくれ、すぐに現金化してくれます。そして2か月後に入ってきた売掛金を、ファクタリング会社に支払うという仕組みです。

簡単に言うとファクタリングとは、サラリーマンが給料の前借りをする様なものです。どうしてもお金が必要になったサラリーマンが、会社から給料を前借りします。そして次の給料日には前借りしたお金を返済します。その行動と非常によく似ています。

期日までに入ってくる売掛金を買い取ってもらい、入金の期日までに現金を手にするという訳です。借りるのではなく買い取りという違いはありますが、少し先にならないと入らないお金をすぐに現金化できるという意味では、効率的な仕組みと言えます。

資金ショート回避のために:つなぎ融資などの新たな借入

 

資金ショート寸前の緊迫した状態の場合、つなぎ融資で一時的に資金繰りを良くするという方法があります。
つなぎ融資とは、今月の支払いの為の現金が不足し、臨時の穴埋めに使用する短期間の融資(借入)のことを言います。
一般的な長期間に渡って返済していくと言う借入とは異なり、一定期間(一時的な)の借入の事を、つなぎ融資と呼んでいます。

銀行や金融機関から新たな借入や融資の審査が可能であれば何も問題はないのですが、資金ショート寸前といった緊迫した経営の悪化が見られる会社の場合、銀行や金融機関の審査はいつも以上に厳しくなり、新たな融資や借入が厳しくなります。
そこで、このつなぎ融資でよく利用されるのですが、銀行などと異なり預金業務を行わない「ノンバンク」と呼ばれる機関からの借入を行う事です。ノンバンク(消費者金融)を利用するメリットは、銀行や公的な金融機関よりも比較的スムーズに審査が行われることや、審査基準がさほど厳しくない為、融資が了承される確率が高いことがあげられます。
当然良い事ばかりではなく、デメリットとして、銀行などの金融機関よりも貸付金利が高いことがあります。銀行もノンバンクもその法定金利は国によって定められていて、法定金利は以下のようになっています。

借入の額 10万円以下 10万円~100万円以下 100万円以上
法定金利 ~20% ~18% ~15%

ノンバンク(消費者金融)の金利は、この国の定める法定金利の上限ギリギリに設定されている場合が多く、融資の受けやすさもさることながら、利用するにあたりその金利の高さが大きな障害となります。

ノンバンクを利用した資金調達のメリット・デメリット
メリット:審査が比較的通りやすい
デメリット:貸付金利が高い