資金ショート回避のために:ファクタリングのメリット

 

審査が優しくスムーズ
銀行や金融機関からの融資や借入の場合は、多くの資料作成・提出のうえ、あなたの会社の経営状態が細かくチェックされます。
審査に多くの時間がかかることも多く、正直スピード感に欠けます。
赤字決算ではないか、税金の滞納がないか等も確認され、該当項目があれば、ほとんどの場合審査が通りません。
資金ショート寸前の場合、あまり現実的は手段ではありません。

しかしファクタリングの場合は、先と比較して審査が優しくスムーズと言えます。契約後の即日入金を行うファクタリング会社も多くありますので、資金ショート寸前ですぐにでも現金が必要だという場合はとても便利です。

なぜファクタリングは審査が優しいのか?
銀行や金融機関からの融資等の場合と比べてみると非常に分かりやすいのですが、銀行の融資の場合は、借り入れたお金をこれから数年あるいは十数年といった長期間に渡って返済していきます。ですから、あなたの会社の経営状態、業界としての行く末など、長期的な評価をもとに今後の返済が可能かどうかを厳しく審査されることになります。
銀行は長いお付き合いだからこそ、審査の基準が厳しくなります。

一方ファクタリング会社の場合は、長期的ではなく2か月先などに入金される売掛金を債権として買い取るサービスですので、長期に渡って返済するという概念がありませんので、ファクタリング会社からすると、2か月先にはお金が入ってきます。ごく限られた短い期間のお付き合いということになります。
ですので、今のあなたの会社の経営状態や、赤字決算の有無、税金滞納の有無などに関しては、審査基準の中でも大きく考えていないのが事実です。
審査の基準はファクタリング会社が買い取る、売掛債権の信頼性を最重要に考えています。
買い取る、売掛債権が確実に回収できるのか?否か?をポイントに審査を行います。

ファクタリング会社は、超短期的なだから、審査がスムーズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です