資金ショート回避のために:ファクタリングに向くのはどんな会社

借りない資金調達であるファクタリングには、ご利用にあたって向く会社と、そうでない会社があります。
ファクタリングでの現金の調達に向いている会社とはどういうことなのでしょうか?

銀行からの融資を断られた
あなたの会社は資金繰りが困窮し資金ショート寸前の状況です。
この状況で、銀行などの金融機関からの融資や借入が受けられない。審査に通らないと言われているならば、ファクタリングの利用検討に非常に向いていると思います。

銀行が融資を断ったということは、何かしらの原因により、あなたの会社は信用に値しないという、烙印を押されたことを意味します。
それは会社の経営状態かもしれません。業界全体が低迷傾向にあるのかもしれません。また、赤字決算を出しているとか、税金の滞納があるのかもしれません。貸付にあたり、担保や保証人が不足しているのかもしれません。

銀行との関係は、この先、何年・何十年と長い期間での返済となります、長期間のお付き合いでは、長期的な信用関係が最も重要な判断材料となります。
あなたの会社は、長期的な信用を重要視する銀行の審査基準に引っかかってしまったということになります。

では、ファクタリング会社はどうでしょうか?
銀行やその他の金融機関とは異なり、ファクタリングとは長期に渡っての返済とは無縁のサービスです。
ファクタリング会社が審査のポイントとして重視するのは、あなたの会社の信用では無く、実際に買い取る売掛金(債権)が信用できるものか?否か?ということです。

銀行やその他の金融機関からの融資を断られたと言う場合でも、審査基準の異なるファクタリングのご利用は十分に可能とおもわれます。
銀行などの金融機関からの融資や借入が断られた場合は、ファクタリングのご利用を検討してみてください。
———-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です