資金ショート回避のために:ファクタリングという資金調達法

 

銀行や金融機関からの借入や、ノンバンクからのつなぎ融資以外の有効な資金調達の方法として近年注目されているのが、ファクタリングという方法です。ファクタリングという言葉を聞かれたことはありますか?

ファクタリングとは、借りない資金調達の方法として資金ショート寸前にまで追い込まれた場合に、非常に有効な手段と言えます。簡単に言うと取引先から支払ってもらう予定の売掛金(債権)を、買取って現金化してくれるサービスのことなのです。

ファクタリングとは売掛金を買い取ってくれるサービス

企業間取引は基本的に現金払いではなく、掛け売りで行われていることが多いですよね。商品やサービスは納品しているけれど、支払い期日までに時間がある場合に、この売掛金を債権として買い取ってくれ、正規の期日までに現金として立て替えてくれるサービスのことを、ファクタリングと言います。

たとえばあなたの会社に、2か月後に入金される予定の売掛金があったとします。2か月後には確実に現金が手元に入って来るのですが、目先に迫った支払いをする現金が手元にない、資金ショート寸前だと。では、その2か月後に入ってくる予定の売掛金を先に前借りできるとしたら、資金繰りが大幅に改善されると思いませんか?

それがファクタリングという資金繰りを良くする方法なのです。入金が確実な売掛金を債権として買い取ってくれ、すぐに現金化してくれます。そして2か月後に入ってきた売掛金を、ファクタリング会社に支払うという仕組みです。

簡単に言うとファクタリングとは、サラリーマンが給料の前借りをする様なものです。どうしてもお金が必要になったサラリーマンが、会社から給料を前借りします。そして次の給料日には前借りしたお金を返済します。その行動と非常によく似ています。

期日までに入ってくる売掛金を買い取ってもらい、入金の期日までに現金を手にするという訳です。借りるのではなく買い取りという違いはありますが、少し先にならないと入らないお金をすぐに現金化できるという意味では、効率的な仕組みと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です